スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -

多肉が届きました。

昨日、今日と気温が上がりましたね。
それでも朝方や、夕方急に気温が下がり、ずっと気を使って風邪をひかずに頑張って
きた私もついに風邪ひきさんになってしまいました。
もうじき桜も開花しそうだっていうのに。

今日は先日発注した多肉が市場に入荷しました。
先般、3/5日、岐阜の生産者さんの圃場に見学に伺った際に発注したものです。


これらを植え込んだモスポットは、直径が15cm程度。
で、サイズが想像できますか?
通常販売されているものに比べるとかなり大きめで迫力があります。


同じサイズに寄せ植えもしてみました。

こちらは直径20cm程度。に寄せ植え。ボリューミーです。



雰囲気のあるモスボットなどにも植えてみました。

全体にハンサムライクなイメージに仕上げてみました。
いかがでしょうか?
実は多肉あんまり得意じゃなかったのです。
(ついつい水やりしてしまってすぐダメにしちゃう。)
でも此処のところ何だか結構その魅力に引き付けられています。
ドライな感じもなかなかいいかもと思ってます。

思い込みが激しいのと、好きなもの以外あまり見ようとしない性格。
でも、この歳になってもう少し柔軟に生きていかなければと思うようになってきた。

いろんなものの魅力。もう少し追求してみようかな。
 

Posted by 大村ゆかり at 23:24 | 日々の出来事 | comments(0)

新オリーブ講座のお知らせ

今日も暖かかったですね。
今日は雨予報が出ていてかなり覚悟していましたが、雨は
ほんの時折。気温上昇の上にほんのり曇り空はガーデン仕事には
この上無い条件。
朝方事務所に着くなり苗整理、その後昨日見たナチュラルテイスト
の寄せ植えを意識したプランター植え込み作成に取り掛かりました。

10ヶ月程前に作成したカゴプランターの中身はもうぼろぼろ。
で、植栽してあった植物を全て抜き、使えそうなものと新苗を合わせて
植え込み直しました。
そして、新しく入荷した

こんな鉢には、

やっばりナチュラルテイストな植え込みを。
実はこのプランター、樹脂製。一見ブリキみたいな仕上がりです。
エイジング塗装がこなれた感じ。軽量で、土量もかなり入ります。
形状もオーバルなので植え映えがします。
お花少なめ、形状、テクスチャー、色の異なる数種類の葉物植物
を組み合わせました。

そしてもう一つ新入荷のこちらのプランター。

只今の入荷は2サイズ。小さいサイズに植え込んだものが

こちら。色もぐっと押さえ込んで。
ちょっと古くなった苗(自由なフォルムになっている。)も
集めてきて植え込むことでより自然感をUP。

そしてもう一つ。

チェニジアシリーズの小型プランター。
今までのチェニジアに比べると小型。年明け早々に植え込んだ

こちらはもうすかっりもりもり。

新入荷で無いプランターにも、

こんな風に。
作ってから4、5年経つウッドプランターも味が出ていい感じに
マッチングしてくれた。

ということで、前置きがかなり長くなってしまいましたが、こんな
プランター植え込み講座を再スタートしたいと思います。

3月15日の火曜日スタート。
毎週、火曜日、9時半・1時半スタートの1日2回。

事前に御予約をいただきます。

毎週、火曜日に開催していますのでお好きな日時でお申し込みください。
プランターは、オリーブで選んでいただいても、又ご自宅からお持ち
いただいても結構です。

参加費500円。
あとは使用した苗代+土代。

開催場所はオリーブで。

新しく設置したテーブルを囲んで、8人/1回maxとします。
いつもご参加下さる皆様には改めてDMをお送りさせていただきます。

気長に開催していきますので是非お時間を作ってお出かけください。
ご参加のご連絡お待ちしていますね。


 

Posted by 大村ゆかり at 22:42 | オリーブ講座 | comments(0)

岐阜の花

今日は朝早くから岐阜に向かった。
いつもお世話になっている「するが花き」(市場)さんが計画してくださった
岐阜花き流通センターさん主催の岐阜の生産者さんご提案の新苗の内覧会
に参加させていただいた。

イベントととして講演会や、寄せ植えのコンテストなど開催され、
勿論、岐阜の生産者さん自慢の新苗の内覧と、注文も行われていた。
初めての参加で何だかうろうろだった私。

これらはテーマ展示。壁面緑化や、空間としてのレイアウト展示。


そして寄せ植えコンテストの作品。



いろいろな作品がありました。

いわゆる素敵な寄せ植えの概念である
色彩、テクスチャー、フォルムのまとまり、リズム感、そして植生の
考慮などは勿論基盤にはあるのだけれど、今までの草花の鮮やか、綺麗
だけでない、植物のカテゴリーのジャンルの広がり、又器や、配置される環境
までもが配慮された新感覚を垣間見ることが出来た。

私は「気」を最も感じることが出来る草花が好きだ。
「花=美しい花」の図式の植物の生命力の表現が人の心の癒しとイコールになって
いるはずと思っている。

でも今までの概念を少し変化させて、新しい質感や、組み合わせ、
空気感を表現し、きっと新しいタイプの住まいの中にもマッチするフォルム
を意識したような新しい提案が多々あったと感じた。



ということでとても綺麗に出来ていた多肉植物も注文してみた。
入荷は5月前半に設定。

写真を撮ることができなかったが希少な葉物の植物も何種類か注文。
春本番、3月中旬には入荷予定のこれらの植物を使っての新たなイメージ
の寄せ植えも展開したいなぁと。

いつも同じ場所、同じ条件下で仕事をしていてはいけないなぁと感じいった
今日。新たな刺激をいただいて又新しい感覚を掴めた気がしています。

Posted by 大村ゆかり at 22:35 | 日々の出来事 | comments(0)

春爛漫

文句無しに暖かな1日でしたね。
今日は午前、午後2時間程焼津市のK邸の植え込みに行っていましたが
暖かなで鋭い日差しに大嫌いな帽子までかぶってしまいました。
年末から植え込みをさせていただいているK邸。
随分色々な植物を植え込みせていただいていますが今日は日差しが
強すぎて写真撮影には今ひとつと思えたので次回又。

3時過ぎに事務所にもどって午後一番からリッチモンドの植え込みを
してくれていたスタッフの前田さんと合流。
クリストファーガーデンをせっせと。

実は植え込み終了が5時を過ぎてしまったので写真撮りは薄暗闇の中。
画像調整で少し明るめにしましたがやっぱり暗い。


でもこの暖かさで植物達はぐぐっと成長していました。


所々土が見え隠れしていた部分も成長した植物で大分埋まってきました。
勿論寒さで潰れる心配が減ってきたのでかなり耐寒性の弱い植物も
植え込み始めてはいます。
実は今日はもうイソトマまで。



寒さが結構厳しかった時から植え込んでいたラナンキュラスラックスシリーズ。
すごーく水を欲しがります。
でもその可憐でいながらも群を抜いた存在感。もう惚れ惚れです。
花数も日々増えて、風景の変化に嬉しくて思わずうっとりです。
こんなに暗くなる前に撮影して又ご案内します。

ここ数日、オリーブには新種の苗も多々入荷。
明日も岐阜にての新苗の展示会に出かけます。
又皆さんに御紹介しますね。

Posted by 大村ゆかり at 00:14 | ゲストハウスリッチモンド | comments(0)

気づいたこと

昨日お知らせした多肉植えとwood boxのこと。
今朝を新しく作った外テーブルに並べていてふと気づいたのです。


これらと

これ。一緒にすると



こーんな風になる。
実はフェンスにニッチみたいに付いている棚もこの箱。
サイズは昨日の11個は同一ですが、もしご希望がある方にはオーダーもお受けできます。

既存のフェンスに取り付ければ棚に。
お家の中にレイアウトするのもありですよ。
ほっこり温かみのあるウッドボックス。
是非オリーブに見に来てください。

Posted by 大村ゆかり at 22:05 | 日々の出来事 | comments(0)

多肉と木箱


カラープランターに植えておいたヒヤシンス。
今日もまだまだ風が冷たかったのにぐぐっと首を伸ばして開花してきました。
カラープランターとの色のコラボレーションでお互いすごく素敵に引き立て
あっています。可愛いです。



そしてこちら、木片をL字方にしたベースに多肉が植え込
まれた可愛い商品。

こちらは木箱に小さなテラコッタ鉢が入ったタイプ。
数量限定ですがご用意しています。

そしてこちらはシンプルな木箱。
そのまま土を入れてプランターとして、立てて棚みたいに使ってもいいし、
道具箱としてもと用途はいろいろ。
とってもしっかりした作りで価格は、¥2,500。ととてもリーズナブル。
こちらは全部で11個あります。
是非見に来てくださいね。
 

Posted by 大村ゆかり at 22:04 | お店情報 | comments(0)

流れる動線

昨日、今日と又寒さが戻ってきましたね。

今日伺った定期管理のお庭。八重のクリスマスローズが美しく咲いていた。

そしてこれはリッチモンドチャペル前にあるプランターの中で咲き始めた
ハーデンベルメギア。
今に次々と開花してふんわり雪が降っているように空間を白く彩る。
一年に一度思い出したように花開する植物はその季節の思い出とともに
心に訴えてきてくれる。着実に春はそこまできている。
昨年もこれらの花とともに暖かな季節を迎え入れた。



日差しが差し込む時間が短めな正門からの動線。
ゆったりとしたアールの小径を進めるうちに少しづつ景色が変化するように
設計させてもらった。
ボリュームの異なる植え込み量も心がけた。
今はまだ花色が少ない。導入部はピンク系+白で植え込んでいる。


小高い丘が花色で彩られる頃流れる小径の両サイドに背丈の高い植物
が上がってくる。
太陽が高くなり、半日陰時間が減少してくる頃植物達が一斉に姿を変化
させるはず。季節の進行と植物の生育、風景の変化。
待ち遠しい春はもうすぐそこまで近づいてきている。
流れる小径がドラマチックに変化して行くまであとわずか。

Posted by 大村ゆかり at 23:07 | ゲストハウスリッチモンド | comments(0)

オリーブ・春からの提案



昨日、今日と気温も上がり風こそ少し冷たかったりしますがもう俄然春モード。
昨日お庭管理で切り戻した花を水切りして小さなフラワーベースに挿した。
この時期は秋植えした苗が少し徒長する。
勿論その枝先には蕾や、開花した花がついているので切り戻すのはなかなか勇気がいる。
でも又場所を変えて愛でることが出来ると思えば思い切ることも可能です。
この時期きちっと剪定をしておくことでこの先の気温上昇とともに美しい花姿と、
風通しを確保できます。
こんな風に春本番の準備してくださいね。

2月に入ってオリーブでも春本番に向けての準備を始めています。



オリーブ北面の山茶花の垣根、植栽直後からなかなか期待通りの生育が得られず、
せっかくの場所がデッドスペースになってしまっていることが気がかりのまま・・・。
随分思い悩んでいましたが今年一つステップと、覚悟して山茶花を抜き、空間として
楽しめるフェンススペースへと変化させてみました。



こんなイメージどうですか?
既製の商材にはない暖かな質感いっぱいのフェンス兼用のガーデンスペース。
目線の高さで演出するガーデン空間の提案です。



季節や気分でレイアウトを変化させて楽しんでいただきたいご提案です。
空間で楽しむガーデン。是非見に来てくださいね。

そして、このフェンスの前に


大きなテーブルも設置しました。
今まで植え込み花壇だった部分の半分のスペースをテーブルに。
広い作業台として完璧です。

この作業台を囲んで3月から定期的に植え込み講座を再開しようと計画しています。
詳しくは今月中には決定します。
詳細が決定し次第又ご連絡させていただきますね。

春とともに新たな企画でお会いできますこと楽しみにしております。
さぁーてあともう少しがんばって片付けますね。
 

Posted by 大村ゆかり at 23:38 | お店情報 | comments(0)

定期管理

オリーブでは定期管理をさせていただいているお庭が幾つかあります。

リッチモンドのお庭については多くのお客様がご存知なのですが、
その他については私たちからではなく逆に皆様の方から
「○○の植え込みってオリーブさんでやってるの?」と聞かれる
ことも多くなってきました。
その大抵について「そうですよ。」と返答することが多く、
きっとオリーブ流がある程度浸透しているのだなぁと思います。

もちろん個人宅も多々あるのですが、幾つかは多くの方が出入りされる
病院、学校、商店など。
今日は毎月お邪魔している医院様の管理に。





昨年末から植え始めている冬〜春苗。
金魚草はもう一度花を落として株が大きく成長。
フリルパンジーや、ビオラももうかなり大株になってきていたが
本当に春が来る前に少し惜しい気もするけれど徒長していた枝を
大胆にカットした。



毎月の管理の中で植物の成長と、気候の変化をきちんと見極めて調整を
かけていく。
、オリーブらしい植え込みデザインの特徴も大事と思っているのですが
それ以上にこうして幾つものお庭を預かっている経験値はその管理力に
ありと自負していますよ。

それにしても気温上昇と共に植物に力がついてきていることを肌で感じる
ことが出来る昨今。今後がますます楽しみです。

Posted by 大村ゆかり at 23:00 | お庭管理の様子 | comments(0)

春花-ラナンキュラス

なかなか暖かくなりませんね。
気温が高くなっても風はまだまだ。
突然の低気圧に強い雨。

あともう少しと思いはじめて日々が過ぎていく。
本当にすぐそこまで春の気配はするのに・・・。

こんな時期を華やぐ空間に彩ってくれる花は「ラナンキュラス」。

年明け早々から植え込みはじめた。
冷気で花びらが凍えたりもしたけれど、何とも薄く繊細な花びらが幾重にも
重なる花は、見た目よりも強健で驚かされる。

植え込むならこんなふうに少し固めの蕾のうちに、がおすすめ。
開花していく過程が美しいと思うのです。




リッチモンドに植え込んだラナンキュラス。
手前でボリュームたっぷり。何とも存在感あり。
すこ〜し後方にあるピンク。実はこれもラナンキュラス。





大株だけれど価格もそれなり。通常のラナンキュラスの10倍程度。
「ラナンキュラス ラックス」。
色彩も素敵。花びらの表面がてりてりと光っている。
そして蕾もたくさん。これからずっと咲いてくれたらいいなぁ。
ラベルには、堀り上げるか、水はけの良い場所で管理し、秋から水やり
をすると芽が出てくる。と書いてあるけど。

自然な感じなのにすごく存在感あり。素敵な花だなぁと。


春の花壇に清々しいブルーを敷き詰めたように咲くアンチューサ・ドロップモア。

そろそろ苗も手薄になってきたアネモネ-極。

ディモルフォセカ。斑入りでライムかかった花色も素敵。

毎年植えるプリムラ・シネンシス。ぷくっとした花の付け根と単で
ちょっと地味めな風情が和のお庭にもきっと似合うはず。
日陰気味の場所に置けば夏越しも可能。こぼれ種でもふえることがある。

そして、カルセオラリア。
すっと伸びた枝にぷっくりした鮮やかな色彩の花。これからたくさん
咲いてくれそうな気がする。

日々新しい花も入荷しています。そろそろお庭仕事始めてみてください。

 

Posted by 大村ゆかり at 22:35 | 日々の出来事 | comments(0)

Sun* Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recommend

Bookmarks

Profile

Search this site.